用語集「か行」

「か」行から始まる用語一覧

カイラギ【かいらぎ】

カイラギとは、「梅華皮」とも書き、釉のちぢれのことをいう。

英語表記
関連
焼成素地

蛙目粘土【がいろめねんど】

カオリンを主成分とする粘土の中に蛙の目玉ぐらいの石英、長石の粒子が点在していて、雨降りあとなどに光って見えることから蛙目(ガイロメ)と呼ばれた。可塑性原料として使われたり、釉薬原料としても使用する。

英語表記
Gairome nendo
関連
カオリン長石可塑性

カオリナイト【かおりないと】

カオリン鉱物のひとつで、Al2O3 2SiO2 2H2Oの組成を持つ陶磁器原料、耐火物原料、製紙原料などの用途。粘土の主要構成鉱物である。

英語表記
Kaolinite
関連
カオリン

カオリン【かおりん】

カオリン鉱物よりなる岩石または粘土。不純物が少なく白く焼きあがる良質な粘土。中国の産地「高嶺」からきた名称。

英語表記
Kaolin
関連
粘土

柿釉【かきゆう】

褐色の鉄分の多い天目系の釉で、焼成すると柿茶色に発色する。

英語表記
関連
天目

化合水【かごうすい】

結合水、結晶水ともいい、結晶の中に科学的に結合して含まれている水で、粘土中の化合水は約600℃で水分を放出する。

英語表記
Combined water
関連

可塑水量【かそすいりょう】

粘土など可塑性をもつことのできる原料が、可塑性を現すのに必要な水量、または可塑性をもったときの含水量のこと。

英語表記
Water of plasticity
関連
可塑性

可塑性【かそせい】

外力によって変形され、また形を変えうるが、外力を除いても変形した形で残るような性質。

英語表記
Plasticity
関連

窯焚・焼成【かまたき・しょうせい】

ガス窯、電気窯、灯油窯等の窯で陶磁器を焼成すること。

英語表記
Fireing
関連

窯詰【かまづめ】

焼成をする前に、窯の中に製品を詰めることをいう。

英語表記
Setting
関連
焼成素地

釜戸長石【かまとちょうせき】

岐阜県瑞浪市で採れる長石。福島長石と比べるとシリカが多く含まれるため、やや溶けにくいという性質を持つ。

英語表記
Gairome nendo
関連
長石福島長石シリカ

還元焼成【かんげんしょうせい】

酸素不足の雰囲気の焼成で、窯内の炭素が釉薬や素地に含まれている金属酸化物を還元させる効果をもたせる焼成法。

英語表記
Gairome nendo
関連
焼成釉薬素地

乾燥【かんそう】

粘土で生計された製品から、含まれている遊離水を除去すること。

英語表記
Drying
関連
粘土

貫入【かんにゅう】

釉薬に発生する亀裂のこと。主として釉薬と素地との膨張率の不調和からおこる現象。

英語表記
Cracking
関連
釉薬素地

顔料【がんりょう】

陶磁器の着色に使われる着色剤で、金属酸化物を使用し、その呈色反応によって発色させる。

英語表記
Pigment
関連

機械ロクロ【きかいろくろ】

大量生産方式を採っている陶磁器工場などで使われている。回転するロクロに石膏で作られた型をのせ、上下する金コテによって石膏型にのっている杯土を型に密着させることによって成形を行う。石膏型には内型、外型がある。

英語表記
Jigger and Jolley
関連

素地【きじ】

陶磁器を構成しているもの。または鉱物組成。

英語表記
Body
関連

絹雲母【きぬうんも】

雲母鉱物の一種。熱水変質作用によって生成したものをこの名で呼び、ロウ石、陶石、絹雲母鉱床などに多く産する。

英語表記
Sericite
関連

砧青磁【きぬたせいじ】

中国の宋時代に作られた青磁。竜泉窯、南宋の修内司官窯のものが有名。

英語表記
Kinuta Celadon
関連

木節粘土【きぶしねんど】

カオリンを主成分とする粘土の中に炭化した木片などが混在していることから木節と呼ばれた。微粒子の可塑性の高い粘土で耐火度も高い。

英語表記
Kibushi-Clay
関連
カオリン可塑性

金付け【きんつけ】

金(Gold)を装飾として焼き付けること。2つの方法があり、金を器物に溶解剤を使って焼き付け、磨いて光沢を出すものと、水金(金の溶液)を使って焼付け、磨きを必要としない方法がある。現在では水金によるものが多い。

英語表記
Golding
関連

クリストバライト【くりすとばとらいと】

シリカの多形のひとつ。石英が高温で変化するか、粘土鉱物を高温焼成した場合生成する。比重が2.33と小さく、熱膨張率が高い。素地中にクリストバライトを生成させ、強度を増した磁器をクリストバライト磁器という。

英語表記
Cristobalite
関連
石英焼成

珪酸【けいさん】

陶磁器を作るときもっとも大切な成分。石英、珪石からなる。

英語表記
Silica
関連
石英珪石

珪石【けいせき】

石英を主成分とする岩石の名称。釉薬や素地の原料とし用いられる。

英語表記
Siliceous stone
関連
石英釉薬素地

化粧掛け【けしょうがけ】

焼きあがった後の外観を白く見せるため、釉薬をかける前に、エンゴーベと呼ばれる白土の陶土を、素地の表面に薄く掛けること。「白化粧」と同義。

英語表記
関連
焼成素地

結晶釉【けっしょうゆう】

肉眼で認められる大きさの結晶を含む釉薬。

英語表記
Crystalline-glaze
関連
釉薬

高火度磁器【こうかどじき】

SK13以上の温度で焼成した硬質磁器のこと。

英語表記
High-fired porcelain
関連
焼成

光沢釉【こうたくゆう】

光沢のある釉薬。

英語表記
Bright glaze
関連
釉薬

呉須【ごす】

コバルト化合物を主成分とし、染付の彩料として用いられる。上に釉を掛け、酸化焼成すると藍青色になる。

英語表記
関連
コバルト

骨灰【こつばい/こっぱい】

牛の骨を焼成したもので、ボーンチャイナの原料(リン酸カルシウムが30%以上含有するものをボーンチャイナという)。釉薬原料としても使われる。

英語表記
関連