回収フローチャート

現在、独自回収システム『O-システム』に基づき、全国の給食施設より回収を行っています。環境問題・ゴミ削減・グリーン購入等、ご検討の際にはお問い合わせください。

1. 破損

給食現場で強化磁器食器の破損発生。

2. 回収箱に保管

破損食器のうち、大きな破片を洗浄し、残菜等の汚れを落として回収箱に保管して下さい。

〈保管についての注意〉
※保管場所は、衛生管理上支障とならないよう気をつけてください。
※洗浄はザル等ですすぎ洗いしてください。(怪我をしないよう注意してください)
※強化磁器以外は、リサイクルできません。ビニール/プラスチック/新聞紙等は、混在させないで下さい。

3. 連絡

回収箱に破損食器が一杯になったら施設から教育委員会/保育課等に連絡します。

※管理上、2箱以上にて回収を行っています。

4. 回収報告書の送付

教育委員会/保育課が回収依頼書をおぎそに送ります。

※回収の際には必ず「回収依頼書」にて御連絡ください。

5. 回収

納入業者、回収業者が学校他、指定場所への回収を実施します。

6. 搬出

回収業者がおぎそへ破損食器を搬送し、おぎそから粉砕工場へ搬送します。

7. 再資源化

粉砕後、陶土会社にてリサイクル食器製造の原料として再資源化します。

8. 混入

再資源化された原材料を18%混ぜてRe-OGISOを製造します。

9. 出荷

おぎそで絵付を行い、全国にRe-OGISOを出荷します。