強化磁器の強度

素材自体の強さを表す「素材強度(曲げ強度)」と、製品そのものの強度を表す「製品強度(衝撃強度)」の2種類があります。

素材強度(曲げ強度)

試料の単位寸法あたりで計算して得られる強さで、
食器の形や厚み、大きさ等に左右されない素材自体の強さです。

測定方法

曲げ強度試験(JCRS 203-1996準拠)

  1. 土を成形して焼成するか、製品から直接切り出して一定の長さの角棒を作成し、試験体とします。

    曲げ強度値は同じ材料、製法で作った製品であればほぼ変わりません。
    ただし、製品の形状によっては僅かに釉薬の厚み等が変化し曲げ強度値に影響するため、土から成形した試験体で測定した曲げ強度を素材曲げ強度、製品から切り出した試験体で測定した曲げ強度を製品曲げ強度と呼んで区別しています。

  2. 図のように力をかけ、試験体が破壊された時点での力の大きさを測定します。
  3. 測定した力の大きさ、試験体の寸法を次の式に当てはめ、曲げ強度を算出します。
  1. 割れた時点でのエネルギーを算出します。

※実際の使用ではあらゆる角度から衝撃を受けるため、食器の割れにくさは一定方向からの衝撃強さのみ測定している衝撃強度試験の結果とは異なる場合もあります。

製品強度(衝撃強度)

製品そのものの強度を表します。
食器の形や厚み、大きさ等に左右されます。

測定方法

衝撃強度試験(ASTM-C368-88準拠)

  1. 食器を、縁に真横からつり下げ式ハンマーが当たる位置に置き、固定します。
  2. つり下げ式ハンマーを食器に落下させ、打撃します。徐々に振り上げ角度を上げ、食器が割れるまで繰り返し打撃します。
  3. 割れた時点でのエネルギーを算出します。

※実際の使用ではあらゆる角度から衝撃を受けるため、食器の割れにくさは一定方向からの衝撃強さのみ測定している衝撃強度試験の結果とは異なる場合もあります。